スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹色×モンテ

おうち教育の道しるべとさせていただいている虹色教室通信で、またまた気になる言葉がありました。

「自然に察することができる知力が育っていないときに、訓練で教えると、応用のきかないでたらめな解き方をするようになる」


「教えたり、コントロールするのは、いつも最低限にして、今、子どもが何に気づき、何を学ぼうとしているのか、子どもの姿から察することが大事」

いろいろなことを知ってもらいたいがために、気づかないうちに前のめりになりそうになりますが、あくまでナナのペースで進めていこうと改めて思いました。

レゴデュプロをナナがようやく楽しんで使うようになったので、だいぶ前に購入した「虹色オンライン教室」も活用してブロックを使った学びも進めていこうと思います。

・・・と、あれもこれものママですが、これでも元来の性格にしては、育児・教育に対して焦ったり、いらいらしたりすることが少なくなってきたのは、モンテッソーリの考え方を学んだからかもしれません。

友達がお子さんをモンテッソーリ教育の保育園に通わせていて「それ何?」と聞いたところ、
「学生時代、教職課程で習ったよね?」と言われてしまいました・・・。

いろいろな本を読みましたが、手元に置いて何度も読み返しているのはコンパクトなこちらの本です。


子どもには「敏感期」があるという「理論」を知り、

ナナが水に手を突っ込んでグルグルかき回しても、
パパはここに、ママはここに座れ、と言われても、
トミカや食べ終わったアサリの殻を机の上にズラーッと並べても(昨夜)

今はそれがやりたい時期(=敏感期)なのね、と温かく?見守ってきました。

ママが不器用でものぐさなこともあり、家庭でモンテッソーリのお仕事ができる環境を作るのはなかなか難しいのですが、できるところを参考にしながら、ナナをよーく観察し、やりたい時にやりたいことを(好き勝手に、という意味ではなく)楽しめる環境を作っていけたらと思っています。

ユルく頑張るナナ&ママに応援お願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは^^
私もこの本を保育士のお友達が貸してくれて読みました。
知ってるのと知らないのとではママの心構えみたいなのが
全然違うんじゃないかなぁと実感しています。
そういう時期なんだ。この時期は大切なんだ。
って思えることで温かく見守れます^^
とは言え全く怒らないわけでもないんだけど><
子供とママの敏感期をうまく活かしていきたいですね☆

Carrieさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます!
そうそう、頭の片隅に知っているだけでも全然違うと思いますよね!まあ、それでも怒ってしまうことはありますが(苦笑)、まさにうまく活かしていきたいですね!
プロフィール

nanamama

Author:nanamama
ナナ:2008年6月生まれの男の子。
アリ:2011年8月生まれの女の子。
ママ:昔はビジネス書、今は子育て・教育関係の本を読むのが趣味のワーキングマザー。
地域や年代問わずいろいろな人と触れ合ったり、産後の女性の心身のケアをライフワークにしていきたいと思っています。

その他、グリーンスムージー、やせる?!体操など…美容健康ネタにすぐ飛びつきますが、熱しやすく冷めやすいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
いくつになったの
いくつになったの
お気に入りブログ
いつもお世話になっています
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。