スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもちゃれんじ、1学年上のものにする必要性

先日から、こどもちゃれんじ(以下、「しまじろう」)をナナ、アリに再開するかについて考え、まとめたつもりでした。

が、昨日、アリあてに年齢相当の「ぽけっと」の新年度からの案内がDVDつきで届きました。お友達の家で見たりして
感じていましたが、本当に3年前に比べて洗練されている!!
こうして下の子にも思わずとってしまおうとする人がここにもいる…のですが、

1 ナナのお下がりのDVD、親向け冊子、一部のおもちゃ、本がある中、あえて入会する必要があるのか?

2 ナナ(6月生まれ)は、この時期は既に1学年上の教材をとっていた。
アリ(8月生まれ)はどうすべきか?

という、2つの問いが自分の中で生まれてきました。

1については、かなりかなり迷います。アリはほとんどナナのお下がりで、別に不便はなさそうですが、一つくらい毎月来るお楽しみがあってもいいのかな?(←私自身への言い訳)本はあまり残っていないし…。

2については、ナナの場合、当時とっていた年齢相当のしまじろう「ぷち」が、
あか、あお、きいろ…毎月この繰り返し(ばかりではもちろんないのですが)
で「私が」飽きてしまい、保育園で集団生活にも慣れているし、交通ルールとか
マナーも、だいたい年齢相当のことはわかっているのではないか…
と、1学年上に切り替えたのです。

年少コース(ほっぷ)から始まったワークも確かに表面上、「ついていけている」ように見えました。

が、年少のときに年中の教材が来てしばらくした頃から「ちょっと難しい?」と、本当に理解して楽しめるには早いのではないかと思うようになり、「来年また読もう」と思い始めました。(一年後の現在、実際はDVDは時々見せたものの、本はあまり出しませんでした…)

それに年中で年長のコースにすると、途中から「もうすぐ1年生」的な内容になる…のもどうかなと思い、年長になるときにZ会の年中コースに変え、いい感じでやってきました。

ついでに言うと、親向けの冊子も1学年上だと「予習」にはなるけど、ナナは精神的には年齢相当なのでやはりシックリ来ませんでした。
「先取り」好きな母に振り回されて、今思えばかわいそうなことをしちゃったな…。

その経験を踏まえて、アリにはあえて年齢相当のものを与えようかと思っています。
第二子の女子ということもあってか精神的にはませているとは思うけど、1学年上のものについていける精神年齢や身体能力ではありません。
ワークは物足りなければ(そもそも「ぽけっと」にはない)今のように市販のものを利用して補強すればいいのかなと思っています。

つらつら書いていて、毎日思いが変わるのですが、だいぶ考えが(自分に都合のいいように)まとまってきました。

と、いうわけでお友達紹介をDWE友達にお願いしようと思います。

ランキングに参加しています。よかったら応援のポチッお願いします!! 
楽しくてためになるブログが満載ですよ♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanamama

Author:nanamama
ナナ:2008年6月生まれの男の子。
アリ:2011年8月生まれの女の子。
ママ:昔はビジネス書、今は子育て・教育関係の本を読むのが趣味のワーキングマザー。
地域や年代問わずいろいろな人と触れ合ったり、産後の女性の心身のケアをライフワークにしていきたいと思っています。

その他、グリーンスムージー、やせる?!体操など…美容健康ネタにすぐ飛びつきますが、熱しやすく冷めやすいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
いくつになったの
いくつになったの
お気に入りブログ
いつもお世話になっています
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。