スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒されながら中学受験への心構え(ママフェス@六本木)

昨日は、午前中にアリと児童館乳幼児クラブでの8.9月お誕生会に参加した後、3時過ぎにナナの保育園お迎え&予防接種の間に、ちょっとハードですが、六本木での笑顔で働きたいママ向けのフェスタに行ってきました。

産後ケアの研究、教室等を開催していて私も会員になっているNPO法人マドレボニータのブースにあいさつした後、会場内を見学。狭い中にもハーブティ、有機野菜の離乳食などの試食販売、再就職応援の団体、この手のイベントにはいつもいる?!生協関連、ベビーマッサージやアクセサリー作りのワークショップなどギュッと詰まっていました。

おやこえいごのブースを見に行ったところ混雑しているからまた後で、と隣を見るとそこに気になる方(コーナー)が。中学受験の主に算数のプロ家庭教師をしている女性だったのですが、中学受験を考えていると言うと、「まあ、お座りください」と、前のめりにいろいろお話ししてくださいました。(いや、私も相当前のめりに聞きました

四谷大塚の出している偏差値表を元に、ナナについて考えている志望校?を聞かれ、「夫が、自分の時よりかなりレベルが高くなっている自分の母校に入れたがっている」と言うと、その学校がその先生には大ハマり(過去問の研究をしているのですごく研究し甲斐のある学校らしい)だったらしく、話すペースがスピードアップ

・塾は小4からでいい(最近は低年齢化しているがそれは囲い込みという塾側のビジネス事情)
・周りに煽られないことが大事
・遅くとも小5の途中までに公文で中学の教材を終わらせておく
(ここで、自分の小学生時代に公文がすごく進んでいたけれど、全体的な成績はさほどでもなかった(失礼!)な同級生がいた話をしたところ、中堅校に行くレベルにはそういう子もかなりいるが、上位層はうまく公文を利用しているとのこと。要は出来が違うんですね)
・公文は先生によって全然違うから近いからと安易に決めず見学必須
・将棋をさせる(うちは夫が好きなので、ならばおもちゃではなく子どもはすぐに覚えるから本物を、とのこと)
・(ナナの大好きな)鉄道を軸に、〇〇県の特産物とか話を広げていく。一つ好きな物があればそれを深めさせてそこから発展させるとよい
・小学校に入るまでにしておくべきことは「数を好きに(身近に)なること」。切符(今は違うけど)やナンバープレートを見て加減乗除で10にする(懐かしい)とか。

など、テンポよくアドバイスをいただきました。ついでにアリ(女の子)についても軽く聞いておきましたが、高校受験で滑り止めにした学校が母校よりもレベルが高くなっていて軽くショックでした。。

話を聞き終わってもアリがまだ寝ていたので、リフレクソロジーの体験をして帰りました。

楽しくてためになるブログが満載です♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは^^
ちょうど中学受験に関する本を読んでいたので
とても参考になりました。
公文についてもこの夏の体験は息子にとっては負担だったようですが、効果は実感しているので勉強嫌いになることを
心配しなくてもいい年齢(があるのか不明ですが、)か
小学生に入ったらもう一度通おうと思っていたところでしたので、
今回の記事を読んでその気持ちが強まりました。

私の滑り止めにした学校もいまや人気校です^^;
うちの地域で中受するならおそらく多くの方がそこを狙うので、
うちも目指す可能性大ですが、私としては複雑な気持ちです。

エルママさんへ

コメントありがとうございます!

> ちょうど中学受験に関する本を読んでいたのでとても参考になりました。
私も記事を参考にさせていただき、紹介されていた本を読もうと思っています。ありがとうございます。

> 公文についてもこの夏の体験は息子にとっては負担だったようですが、効果は実感しているので
息子さんにとっては負担…というのがおそらくうちもそうなりそうでちょっと親近感♪でも効果は実感されているのですね。先日の先生も私が「(家ではわかることが)外のお教室では勉強できない」と言うと、今すぐ無理して通わせる必要はないとおっしゃっていました。が、何もしないのではなく、もしお教室に通っていたら、ということを意識しつつ働きかけしていきたいのですが、今のところプリントとしまじろうの年中ワークでいっぱいいっぱいですね…。

> 私の滑り止めにした学校もいまや人気校です^^;
> うちの地域で中受するならおそらく多くの方がそこを狙うので、
> うちも目指す可能性大ですが、私としては複雑な気持ちです。

あー、この複雑な気持ちわかります。共学校なんですね。私立は受験指導に力をどれだけ入れるかでレベルが変わってきますよね。前述の学校は女子校ですが、塾に通わなくていいほど学校での指導がすごくて、今や医学部狙いの子が多いらしく驚きました…。

また情報交換させてくださいね!
プロフィール

nanamama

Author:nanamama
ナナ:2008年6月生まれの男の子。
アリ:2011年8月生まれの女の子。
ママ:昔はビジネス書、今は子育て・教育関係の本を読むのが趣味のワーキングマザー。
地域や年代問わずいろいろな人と触れ合ったり、産後の女性の心身のケアをライフワークにしていきたいと思っています。

その他、グリーンスムージー、やせる?!体操など…美容健康ネタにすぐ飛びつきますが、熱しやすく冷めやすいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
いくつになったの
いくつになったの
お気に入りブログ
いつもお世話になっています
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。