スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーマスのベッドタイムストーリーで目が覚めた!?

先日、耳鼻科でトーマスとそのなかまたちの図鑑を見て、トーマスにはまったらしいナナ。赤ちゃんの頃は、機関車にリアルな顔がついているのが気味が悪かったようですが、最近はそれぞれの車両に数字がついているのもおもしろいらしく、「これ何?」(カタカナが読めないので)と聞いてきます。
図書館には図鑑がなかったのでこの本を借りてきました。

トーマスのベッドタイムストーリー (きかんしゃトーマスの本)トーマスのベッドタイムストーリー (きかんしゃトーマスの本)
(2011/11/10)
よねむら知子

商品詳細を見る


それぞれの機関車が主人公になっているお話が計20話くらい入っていて、昨日は4話読んだのですが、ナナには言葉が少し難しく、長かったのですが、おとなしく聞いていました。途中で眠くなったようなので読み終わって電気を消すと…リビングで夕食中のパパの方に行ってしまいました。

「ベッドタイムストーリー」ですが、特に眠くなるような内容ではなかったです。(そりゃそうか?)
好きな内容の本はちゃんと聞けるのですね。

楽しくてためになるブログが満載です♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最近の読み聞かせは・・・

アリ(2か月)が寝るときに(限らず)愚図っていることが多いので、ナナへの絵本の読み聞かせもなかなかできませんでしたが、土日などできるときにできる範囲で、ということで少しずつ時間をとるようにしています。

先日、七田の4ページ絵本を購入しました。対象年齢が0-2歳となっているので、アリに今後読んでいこうと思ったのと、短くて簡単なので今後ナナが自分で読んだり暗唱するのにも使えるかな、と。

48冊組ということでどんなに大きな荷物が届くのだろうと思っていましたが、1冊4ページなのでリーフレット程度。それが48冊(冊と言えるのか?)なので辞書程度の厚さでした。

これがナナにヒット!寝る前に中から読んでほしいのをナナが選びます。結構な数でもあっという間に読み終わります。ただ、赤ちゃん向けなのでストーリーと言えるほどでもなく、ナナにはやっぱり普通の本の読み聞かせもしてだんだん長いお話も聞ける(理解できる)ようになってほしいと思います。

そこでくもんの推薦図書を順番に図書館で借りて読むことも復活。さっそく昨日図書館で4冊借りてきました。つい私やナナが好む本を選びがちですが、できるだけ推薦図書リストを網羅することを目標にして偏りなく読んでいきたいと思います。喜ばないだろうと思う本が意外と受けたり、その反対もあるとは思いますが…。

今日も頑張るナナ&ママに応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

読み聞かせに関する講演会に参加

昨日は、「絵本の読み聞かせが育むもの」という、医科歯科大の泰羅雅登先生の講演会を聞きに行きました。
泰羅先生は、公文と一緒に読み聞かせが親子にどのような効果をもたらすかということについて脳科学者の立場から研究をしたことがあり、本などでお名前を目にしていたので、お話を聞きたいと思っていました。

私が日々読み聞かせをしている理由は、
○入浴→就寝までのつなぎの「入眠儀式」として
○本好きな子どもになってほしい
○言語面での発達への期待
がメインですが、そのうちにナナが喜ぶ姿を見ると自分も楽しいし、絵本に触れることで癒されるようになってきました。

講演では、「読み聞かせは『心の脳』に働きかける」という結論の根拠として親子への実験結果がわかりやすく説明されました。
読み聞かせというと、知育的な効果が重視されるため、先生方も当初、脳の中で思考やコミュニケーションなどを司る「前頭前野(連合野)」が活発に働いているのだろうという仮説を立てたのですが、実際に親子に装置をつけて脳の血流を計ってみると、子どもの前頭前野はほとんど働いておらず、代わりに感情や情動に関わる「大脳辺縁系」という部分が働いていることがわかったそうです。これが「心の脳」に働きかけると言われる所以です。

また、読み聞かせをしたお母さんへのアンケートで、
○子育てが楽しくなった
○子どもを観察し、小さな変化に気づけるようになった
○その結果、うまく褒めてあげられるようになった
○子どもをすごいと思えるようになった

という意見が多かったそうです。
「子どもが喜ぶ→自分(親)も嬉しい→さらに注意を払う→褒め上手なお母さん」という流れを、泰羅先生は「親子関係の正のスパイラル」と呼んでいました。これは私も日々実感しているところです。

その他、印象的だったのは、
○ほめてでないと子どもは育たない
○使わないと脳は育たない
という点で、おうち教育のモチベーションがアップしました。

知育的側面で言えば、語彙力アップの効果は間違いなくあるのですが、こればかりを重視すると本質を失うので注意する必要があるという大事なお話もありました。

読み聞かせが「親子の絆づくり」にいい影響があるのはよく言われていることだし納得していたことですが、科学的に証明され、アンケートでもそのような効果がでているということで理解が深まりました。泰羅先生の説明はとてもわかりやすく、社会人としても参考になりました。

ユルく頑張るナナ&ママに応援お願いします!参考になる人気ブログが満載です♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

図書館で借りた本・・・運動会を目前にして

久しぶりに読み聞かせ支援サイト「ミーテ」https://mi-te.jp/contents/mama_entry.php?e=871を見ていて、運動会に関する本を借りることにしました。なるべく季節や行事など、実生活に即したものを読みたいと思っていたのに、ナナの乗り物熱のためにすっかり忘れていました。保育園の運動会はもう来週です。

幸い、朝ネットで予約しておいて午後にはいくつかの本が入ったと連絡をもらったのでさっそく引き取りに行きました。

・よーいどん
・よういどん
・むしたちのうんどうかい
・パオちゃんのうんどうかい

先日、保育園で予行演習があったようですが、まだ玉入れや綱引き、かけっこなど本に出てくる様子はわからないかもしれません(そもそもこれらの競技があるのかも不明)。少しずつ「これ見たことある!」を増やしていければと思います。

ユルく頑張るナナ&ママに応援お願いします!参考になる人気ブログが満載です♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

図書館で借りた本

・でんしゃ
・ぽんちんぱん(こどものとも0.1.2 11月号)
・りんごがドスーン
・パパ、お月さまとって!
・コロちゃんのがっこう
・パオちゃんのかくれんぼ
・くまさん、くまさん、なにみてるの

モノによってですが、乗り物以外も受け付けてくれるようになったのでよかったです。

家や保育園から図書館が近いのでしょっちゅう行っていますが、そのたびにたくさん本を机に出したり、パソコンをいじりたがったりするので、大抵抱えて退出するというパターンです。ナナはそのたびに叫ぶので要注意親子になっているかも。。


ユルく頑張るナナ&ママに応援お願いします!参考になる人気ブログが満載です♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
プロフィール

nanamama

Author:nanamama
ナナ:2008年6月生まれの男の子。
アリ:2011年8月生まれの女の子。
ママ:昔はビジネス書、今は子育て・教育関係の本を読むのが趣味のワーキングマザー。
地域や年代問わずいろいろな人と触れ合ったり、産後の女性の心身のケアをライフワークにしていきたいと思っています。

その他、グリーンスムージー、やせる?!体操など…美容健康ネタにすぐ飛びつきますが、熱しやすく冷めやすいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
いくつになったの
いくつになったの
お気に入りブログ
いつもお世話になっています
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。